HOME > case01 土壌汚染・産廃の埋まっている土地

case01 土壌汚染・産廃の埋まっている土地

不動産のラク売の特徴

当サイト「不動産のラク売」では、市場では売却が困難とされている土壌汚染の可能性のある工場跡地や産業廃棄物が埋まっているなどの不動産でも解体・産廃処理から土地売却まで完全サポート!当サイトでは売却が困難とされている不動産でも喜んで売却までお手伝いをさせて頂きます。 もちろん、産廃処理費用等は土地売却後にお支払いいただきますので、事前にご用意する必要はございません!! 個人の方だけでなく、法人様も諦める前に是非一度、ご相談ください。

物件例

  • 土壌汚染 建物を解体後、工場跡地の為、
    売買前に地中検査を実施。
    検査結果により有害物が確認された為、地中汚染土の入替え。
    深さ1.2m迄の汚染土搬出の上、購入土を搬入します。
  • 土地売却の為、
    建物解体工事のご依頼。
    買主から瑕疵担保設定有りのため地中埋設の有無をご依頼いただきゴミ(陶磁器くず)埋設が確認されました。
  • 借主企業が倒産したため、
    地主様から撤去のご依頼。
    撤去せずにそのまま放置してしまうと知らぬ間にゴミ等が増えてしまう恐れがございます。

産廃処理のみでも承っております!

まだ土地の売却は考えていないものの、先に工場解体、産廃処理等を検討されている方もお気軽にご相談ください! 解体工事を専門に行う当社だからこそ実現したコストパフォーマンス。 安全な工事と最適な工法で解体いたします。

※お問合せいただきましたご相談内容について知りえた情報は守秘義務により守られますのでご安心ください。

解体施工技士と宅地建物取引主任者の資格を持った営業マンが解体から売却までを完全サポート
ページトップへ